lccの就航地

lccはローコストキャリアと言われる航空会社で、これを利用して海外旅行や国内遠方への旅行を計画する人も多いです。
従来は、日本では国内大手航空3社と言われ、メジャー航空会社として君臨していました。lccはすでに20年も前から東南アジア諸国を筆頭に導入されていましたが、バブル経済の余韻が覚めていなかった当時では、安全性への懸念が高く、また、コンプライアンスにおいても程度の低かった当時では、実際に事故が多く、格安で航空券を提供する航空会社に事故は付きものという概念が非常に高く、実際に多数の事故を起こしたいたことも間違いがないでしょう。
しかし、現在は国内でも数十社のlccが存在し、世界の各航空会社と連携を図り、経由地で整備を共有したり、航空機の購入を共有するということでコストを大きく抑え、安く大量の利用者獲得を目指すものです。
今や航空移動は地球全体のことであり、航空利用者という同一市場参入企業が一元化しサービス販売をする組織形態となりシンジケート化して経営を実現しており、以前に存在した航空会社間のカルテルは崩れています。
安かろう悪かろうのサービスでは顧客獲得が難しく、コンプライアンス違反も業界残存率を下げることとなるので、安全管理は非常に高いですので安心してビジネスや旅行に利用できるものです。

LCCファン